株式会社 笠原鋳物工場



トップページ 会社案内 製品情報 品質活動 環境活動 アクセスマップ
    
 

  会社案内

                                        
会社案内会社案内はこちらからダウンロードできます。
            
                                
会社概要
会社吊称  株式会社 笠原鋳物工場
創  業 1955年6月
資 本 金 3,200万円
代 表 者 代表取締役 中島 修
事 業 所 本社(総務・営業)
福島工場(ねずみ鋳鉄鋳物製造)
営業品目 自動車部品,建設車両部品,
産業機械部品,船舶用部品,
電気用部品,エレベータ部品,
各種プラント用部品,装飾品製品
などのねずみ鋳鉄鋳物
主な紊入先 三菱ふそうトラック・バス株式会社
テクノメタル株式会社
株式会社TBK
三輪精機株式会社
日本オーチス・エレベータ株式会社
浅井ショーワ株式会社
古河電工パワーシステムズ株式会社
大器機械株式会社
日東電工株式会社
片桐精工株式会社
福島製鋼株式会社
日本オイルポンプ株式会社
東陽機器工業株式会社
三木プーリー株式会社
埼玉機器株式会社
大久保歯車工業株式会社
株式会社春日工業所
株式会社桂精機製作所
株式会社宇野澤組鐵工所
(敬称略)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
本社(総務・営業)のご案内
住  所 〒245-0014
 神奈川県横浜市泉区中田南一丁目15番45号
電  話 045*802*1122
F A X 045*804*2618
アクセス

このQRコードを、携帯またはスマート

フォンで読み込みますと、googleマップ

にアクセスできます。

福島工場のご案内
住  所 〒960-1501
 福島県伊達郡川俣町山木屋字上松林山1-1
電  話 024*563*2111
F A X 024*563*2114
生産品目 生型、自硬性(フラン)によるねずみ鋳鉄鋳物
主な材質 FC200,FC250,FC300
生産能力 300~500t/月
主な設備溶解部門
キュポラ(水冷式3t/h)・・・・2基
送風ブロアー(ターボブロアー 7.5m3/min)・・・・1基
原材料計量装置(スケールカー 500kg/バッチ)・・・・1基
生型鋳造部門
FBM2T自動造型ライン(枠サイズ450×550)・・・・1式
FCMXⅡ自動造型ライン(枠サイズ450×550)・・・・2式
生型混練機(MSK25:自動水分,混練砂自動コントローラー付)・・・・1式
自硬性鋳造(フラン)部門
フラン自硬性造型ライン(30分/枠)・・・・1式
連続ミキサー(1t/h)・・・・1基
仕上部門
ショットブラスト(CDB60:1台,SNB50Y:2台,KSB10:1台)・・・・4台
ノズルショットブラスト・・・・1台
検査部門
磁気探傷装置(日本電磁測器製 クロスコイル型)・・・・2台
アムスラー万能試験機(島津製作所製 最大荷重30t)・・・・1台
硬度計(ブリンネル,ロックウェル,ショア)・・・・3台
アクセス

このQRコードを、携帯またはスマート

フォンで読み込みますと、googleマップ

にアクセスできます。

             
          
                                                                                          
沿  革
昭和30年 6月 笠原鋳物工場として創業
昭和31年 6月 自動車部品に着手
昭和36年10月 資本金100万円にて株式会社に組織変更
三菱重工業株式会社の協力工場となる
昭和38年11月 資本金300万円に増資
昭和43年 1月 初代社長死去により前社長就任
昭和43年 4月 資本金400万円に増資,造型ライン増設
昭和43年12月 資本金1,000万円に増資
昭和45年11月 福島県伊達郡川俣町に工場用地買収
昭和46年12月 資本金を1,600万円に増資
昭和48年 3月 福島工場建設工事着工
昭和48年 7月 前社長死去により現社長就任
昭和48年11月 福島工場操業開始
昭和54年 4月 新キャタピラー三菱株式会社認定工場に指定
昭和55年 5月 資本金を3,200万円に増資
昭和60年 9月 福島工場にFBS自動造型機新設
昭和63年 8月 福島工場にFBM*2T自動造型機新設
平成元年 6月 福島工場にFBM*1T自動造型機新設
平成元年 7月 自硬性フラン設備新設
平成 9年 3月 横浜工場を銑鉄鋳物からアルミ鋳物製造に設備増設
平成15年 7月 福島工場にて銑鉄鋳物の製造でISO 9001:2000認定取得
平成16年 1月 ISO 9001:2000の認証範囲を横浜工場(アルミニウム合金鋳物の製造)まで拡大
平成18年 1月 福島工場にFCMX*Ⅱ自動造型機新設
FBS,FBM*1T自動造型機撤去
平成19年 5月 全社にてエコアクション21の認証取得
平成23年 4月 福島工場のSNB30ショット撤去
平成23年 4月 福島工場にSNB50ショット増設およびKSB10ショット新設
平成26年 8月 福島工場にサンドビン新設
平成26年12月 福島工場にFCMX*Ⅱ自動造型機増設
平成27年 5月 横浜工場アルミ鋳物製造終了
        
Copyright © Kasahara Foundry Co.,Ltd. All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座